アルバイトでも借りれるカードローン

巷には、アルバイトでも借りれるカードローンがたくさん存在しています。雇用形態が正社員になっていないと、カードローンの利用申し込みを受け付けてもらうことができないのではないかと思い込んでいる人が少なくありません。
しかし、それは大きな誤解です。ほとんどのカードローン会社が、アルバイトやパート、派遣社員などの利用申し込みを認めています。ただし、数日単位のアルバイトを繰り返している人の場合は、カードローンを利用できない可能性が高いです。また、収入額と借り入れ希望額のバランスが、とても重要になってきます。


カードローン会社によって、申し込み要件に微妙な違いが生じていますが、年齢要件と収入要件の2つを満たしていることが求められるようになっているケースが多いです。具体的には利用者が満20歳に達していることと、継続的な安定収入を得ていることが求められるようになっているのが一般的です。
毎月一定額の収入を得ることさえできていればよいことになっていますので、勤務形態がアルバイトやパートなどでも一向に構いません。ただし、同じ勤務先で最低でも6ヶ月以上は継続的に働き続けていることが必要になります。


また、アルバイトやパートの場合、正社員として雇用されている人に比べると収入額が低くなっているのが普通です。現在は貸金業者を規制する法律が厳格化されており、個人客に対する貸付額は年収の3分の1以内にとどめることが決められています。それを超えた額のお金を貸し付けた業者はペナルティを課せられることになっていますので、どの業者もその決まりをキチンと遵守しています。
ですので、アルバイトやパートとして働いている人の場合は、たとえカードローンを利用することができたとしても、利用限度額の設定が低めになるケースが多いです。


利用限度額の設定をあまり高くすることができないと聞くと、とても不利であるかのように感じてしまう人が多いです。しかし、借りたお金は必ず返さなくてはなりません。また、借り入れ金額が高くなればなるほど、それに伴って発生する金利の額も高くなります。カードローンというのは、お金を借りたり返したりを繰り返す金融商品であるため、しっかりと自己管理していないと、金銭感覚が麻痺してしまう可能性があります。ですので、利用限度額が収入額に応じて設定されるようになっている方が、逆に望ましい形であると言われています。


ちなみに、年金収入を安定収入とみなすかどうかについては、カードローン会社ごとに対応が分かれています。
大雑把に言ってしまうと、年金を収入とはみなさないという取り扱いが一般的になっています。しかし、ごく一部のカードローン会社に限られるものの、年金収入を安定的な収入と認めるという対応を取っている会社が存在しています。一方、アルバイトやパートとして働いて得た収入を安定収入と認めないというカードローン会社はまずありません。ですので、正社員ではないからという理由だけでカードローンの利用を諦めてしまう必要は全くありません。