カードローンの返済について【借金がなかなか減らない人は必見】

「毎月ちゃんと返済しているのに、なかなか完済できません。」

月々の返済金額を見直してみませんか?


あと少し返済額を増やすだけで後々に大きな差が出ます。カードローンの利息計算をし、わかりやすく表記しました。
下記の表でチェックしてみてください。


繰り上げ返済のコツは、「毎月の引き落とし金額 + 追加で、できるだけATMなどで返済する」ですよ♪


三菱UFJ銀行カードローン バンクイックで30万円借りた場合(金利13.6〜14.6%)

※この表は、金利14.6%で計算しています。
月々返済金額 月々4.200円 月々5.000円 月々6.000円 月々7.000円
返済回数 168回 109回 78回 61回
返済総額 705,752円 541,242円 465,004円 426,528円
月々4.200円
の場合との差
- 59
164.510
90
240.748
107
279.229

みずほ銀行カードローンで100万円借りた場合(金利 年14.0%)『※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

月々返済額 月々2万円 月々3万円 月々4万円 月々5万円
返済回数 79回 45回 32回 26回
返済総額 1.537.829円 1.292.977円 1.205.790円 1.160.708円
月々2万円
の場合との差
- 34
244.852
47
332.039
53
377.121

プロミスで30万円借りた場合(金利17.8%)

月々返済額 月々6.500円 月々7.000円 月々8.000円 月々9.000円
返済回数 79回 69回 56回 47回
返済総額 509.341円 480.020円 441.402円 416.904円
月々6.500円
の場合との差
- 10
29.321
23
67.939
32
92.437


これらの表の通り、たった500円、1000円でも月々の返済額を増やすと返済回数や返済総額に大きな差が出ます!

返済回数が減れば精神的な負担も軽くなり、返済総額が減ればお得にキャッシングできたことになりますよ!
まずは、無理なくできる範囲でほんの少しから返済額を増やしてみましょう♪


多くの人が返済で考えていることは、より安い金利で借りれないかなと考えていることです。しかし、実はこれは大きな間違いです。やはり、毎月1000円でも多く返すことです。たとえば、三菱UFJ銀行カードローンで100万円借りたとしましょう。金利は13.6〜14.6%です。多くの人がしがちなのが、今が苦しいから、月々の最低返済額で返済することです。三菱UFJ銀行カードローンの場合であれば、毎月2万円であれば、合計返済額は、1,372,819円。利息は372,819円ですね。それがもし、毎月3万円返すことができれば、合計返済額は、1,212,879円。つまり、金利の差は約16万円となります。これぐらいの差になることをきちんと理解しておいてください。もちろん、借りた時が一番、金銭的にきついから返せない!という理由はわかります。しかし、最初に早く返しておけばおくほど、金利は非常に楽になります。もし、2万円の月額返済額を2万1千円にするとしましょう。そうすると、合計返済額は、1,346,321円となります。つまりは、利息は346,321円となるんです。