主婦の2社目のカードローンはどこがいい?

主婦がキャッシングをするために2社目のカードローンを申し込む事は可能でしょうか?


結論を言えば可能です!
ただし多くの人がしてしまう事は、1社目のカードローンで借りている金額をごまかしたり、きちんと伝えないことがきっかけで落ちてしまうことがあります。

絶対に他社の借り入れ金額のところはごまかさないで、2社目の申込を行いましょう!!


ここからは、「主婦でも借りれる2社目のカードローン」について、また「2社目カードローンの選び方」などを解説していきます。

増額よりも2社目のカードローンを勧めるのはなぜ?

基本的には消費者金融は総量規制の対象になるために2社目のキャッシングの場合でも、全社の借入額を合計して限度額が出されますので借入総額によっては2社目でも借入できない場合もあります。
ただし1社で増額するよりも、個人的には2社目のキャッシングの方をお勧めします。理由としては増額に時間がかかってしまったり、1社目の増額がもし落ちた場合に限度額が引き下げられる可能性も考えられるからです。

だから2社目のキャッシングのほうがお勧めできます。もしもまとまった金額を借りたい場合は銀行カードローンで総量規制にかからないものを選ぶ方が良いと思います。正しい注意点として2社借りると言う事は返済日が2回あるということです。うっかりして返済を忘れてしまわないように2社とも気をつける必要があります。そうしたことで信用情報を悪化させないように気をつけましょう。


3社目になると難しいかも

各カードローンには、審査基準というものが存在しています。
この審査基準をクリアできれば、カードローン審査に合格できるわけですが、どこのカードローンも審査基準は非公開となっています。
ですから確実に○社目のカードローンは審査落ちするなんてことは言えませんが、色々な方の話や傾向を分析すると、二社目カードローンは◎、三社目カードローンは△、四社目カードローンは×という確率が高いです。

3社目、4社目のカードローンとなるとお金に困っていると審査時に判断されてしまい、普通のカードローンではなく、おまとめローンなどをお勧めされることも多いようです。

また消費者金融で2社目以上の借入を希望する場合には、総量規制に注意しましょう。
総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を禁ずるという法律です。
ですからすでに一社目のカードローンで、年収の3分の1に達する借入をしている場合には、それ以上総量規制の対象となる消費者金融での借入は法律上行うことができません。



しかし総量規制にかからない銀行カードローンであれば、貸付額に対する規制がありませんので、2社目、3社目のカードローンとして借入することも可能なんです。
銀行カードローンであれば、旦那さんに安定した収入があれば年収0円の主婦の方でも自分名義で借入することが可能です。

2社目のカードローン選びで重要なのは?

一社目は急いでいて、リサーチせずにCMなどでよく目にしていたカードローンを選んだという方が多いようです。
しかし、2社目のカードローンとなれば1社目と同じように簡単に申込をしてはいけません。

 

なぜなら2社目のカードローンを利用するということは、返済が月2回になるという事です。
本当に一時的な借入で一か月以内に完済できるあてがあるのなら無利息期間付のカードローンをおすすめしますが、少し長期で借入する必要がある場合には以下のポイントを押さえたカードローンをチョイスしましょう。

2社目のカードローン選びのポイント!

 

今よりも低金利
返済が増えても負担にならないよう、低金利で返済しやすいカードローンであることが重要です。

 

総量規制対象外の銀行カードローン
二社目のカードローンであれば、総量規制にかからない銀行カードローンを選びましょう。

 

返済は自動引き落とし可能なカードローンが◎
返済日が月に2回もあるとうっかり忘れていた!なんてこともあり得ます。一回のうっかりミスが今後の信用情報に傷をつけないように、返済方法も便利なカードローンを選択しましょう。

 

主婦にもおすすめな二社目のカードローンは・・・

楽天銀行スーパーローン

 

 

楽天銀行スーパーローンは主婦の方にも、それ以外の方にも2社目のカードローンとしてとてもおすすめできるカードローンになりました。

 

+++お勧めの理由は+++
@低金利 1.9〜14.5%
A申込・借入・返済のすべての工程がネットで完結
B最低返済額は1000円から

 

2社目のカードローンとして一番重要なのはやはり金利です!
二つのカードローンから借入するのであれば、返済のことを考慮してより低金利なカードローンを選択すべきです!

 

また楽天銀行スーパーローンなら、最低返済額が2000円からとなっているので、月2回の返済になったとしても負担が少なくて済みます。

 

 

→楽天銀行スーパーローンのお申込みへ

 

二社目のカードローン審査で落ちてしまった方へ

2社目のカードローンなら問題ないと思って、申込したのに結果は審査落ち。
しかしいくら審査落ちの原因を聞いても、カードローン会社側は絶対に答えてはくれません。

 

2社目のカードローン審査で審査落ちの原因と考えられる理由をリストアップしました。

 

現在の借入額や年収などを偽った

申込時にウソの申請をしてしまった場合、これは確実に審査落ちとなります。
カードローン会社はあらゆる方法を駆使して、個人の申込情報を調べ上げます。
この時に嘘の記載があると、「信用できない人⇒貸したお金を返さないかもしれない」と審査されてしまうんです。

 

同時に申込しすぎた

カードローン申込を行うときにとりあえず色々なところに申込をして受かったところで借入しようと3社、4社、5社と同時に申込するケースです。
これは申込ブラックと俗に言われており、いっきに3社以上のカードローン申込を行うと、審査する側は「この人は相当お金に困っているようだ。もしかすると返済能力が低いかもしれない。」と判断されてしまうんです。
この状態に陥ると、信用機関にて6か月間は申込記録が登録されるので、半年間は新たなカードローン申込が難しくなります

 

希望額が高額すぎた

銀行カードローンなら総量規制は関係ないんだし、ちょっと高めに申込しておこうなんて軽い気持ちで必要以上のお金を借りようとしてしまうケースです。

 

いくら総量規制対象外の銀行カードローンであっても、返してもらえる見込みのない人に貸付をすることはありません。
ましてや2社目のカードローンとなると、自分の年収に見合っていて返済計画がきちんと立てられていることは言うまでもなく重要となります。
また、希望金額は高ければ高いほど審査は厳しくなります

 

支払期日に遅れたことがある

現在借入しているカードローンやクレジットカードなどの支払いで、返済期日に遅れた場合、これも信用情報機関に遅延記録ありと登録されてしまいます。
悪意はなくうっかり返済日を間違えてしまったという場合も同じです。

 

一度でも遅延したことがあると、審査のマイナス要因となり得ます。

 

再申込で審査通過するためのポイント

遅延や金融事故、申込ブラックが原因で審査落ちしてと推測できる場合は、やはり再申込までに少し期間をあける必要があります。

<信用情報機関の登録情報保存期間>
申込に関する情報・・・最長6ヵ月間
契約、返済に関する情報・・・最長5年間
延滞、強制解約に関する情報・・・最長5年間
任意整理に関する情報・・・最長5年間
自己破産や個人再生に関する情報・・・最長10年間

上記の期間、信用情報に問題となる情報が追記されなければ安心して再申込できるでしょう。

 

しかし、再申込するには同じカードローン会社や保証会社が関連していてはまた審査落ちする可能性があります。
信用情報機関のマイナス情報は消えても、カードローン会社や保証会社で審査時に得た情報はおそらく履歴として残り続けるでしょう。
ですから、以前申込して審査落ちしてしまったというカードローン会社や保証会社を避けて再申込するのが得策です!

 

保証会社 カードローン名
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
三井住友銀行カードローン
ジャパンネット銀行カードローン
アコム じぶん銀行カードローン
セブン銀行カードローン
オリックス・クレジット株式会社 イオン銀行カードローンBIG
りそな銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
SBI住信ネット銀行カードローン
新生フィナンシャル株式会社 オリックス銀行カードローン
楽天カード株式会社 楽天銀行カードローン スーパーローン
株式会社セディナ 楽天銀行カードローン スーパーローン
イオンクレジットサービス株式会社 イオン銀行カードローンBIG

 

カードローンの保証会社をよく見てみると、消費者金融の名前やイオン銀行カードローンBIGのように2種類の会社に該当するカードローンもあります。
自分が一度も申込したことのないカードローン会社・保証会社であること、きちんと確認してから再申込にチャレンジしましょう!

 

主婦の2社目のカードローンはどこがいい?