主婦の場合、カードローンでだいたいいくら借りれるの?

主婦だとカードローンの限度額は低いの?



いいえ!
主婦の方でも、パートなどでお勤めされていれば限度額は一般的に30万円〜100万円程度です!
専業主婦でお勤めされていない方だと、30万円〜50万円が一般的な限度額とされています。

主婦の方でも高額融資可能で、収入証明書が不要な優良カードローンがたくさんあります!



主婦の人でもお金が必要になる場合は多々あるでしょう。カードローンを利用する場合、主婦の人の利用も可能になっている会社は多数あります。

主婦と言ってもパートで収入を得ている人と、専業主婦で収入がゼロの場合では、借りることが出来る金額が大きく変わってきます。

パートの収入がある人の場合には一般的なカードローンの申し込みも可能になっているため、借りることが出来る金額は一般の人とほぼ変わらない金額となります。

一般的なカードローンの場合、最大限度額は300万円〜500万円までですから、審査が通れば理論的には限度額まで借りることが出来ると言うことになります。

しかし消費者金融のカードローンの場合だと総量規制の壁がありますから、いきなり最大限度額を借りると言うことは出来ないでしょうし、パートの年収を考えた場合、最低ラインの30万円〜100万円が限度額だと考えたほうが良いでしょう。

専業主婦の場合、基本的には消費者金融への単独での申し込みはほぼ不可能なので、銀行のカードローンの利用するとよいでしょう。

その場合、専業主婦でもカードローンの利用が可能になりますが、利用できる金額は30万円程度が限度だと言われています。

半年程度の返済実績を積めば増額できる場合もありますが、専業主婦に対する限度額が30万円や50万円と設定されている場合はそれ以上借入することが難しいでしょう。

金額別お得な借り入れ方法

30万円借りたい場合

50万円借りたい場合

しかし、どの銀行カードローンも専業主婦に対する限度額が設定されているわけではありません。
一般の方と専業主婦の方の限度額が同じというカードローンもあります。

この場合は最大限度額まで、借入することも不可能ではありません。

【各カードローン別】専業主婦の限度額

カードローン名 専業主婦に対する限度額
じぶん銀行カードローン 30万円
イオン銀行カードローンBIG 50万円
セブン銀行カードローン 50万円

 

各銀行カードローンのほとんどで、専業主婦に対する融資限界額が設けられています。
平均は30万円〜50万円というところです。
しかし新生銀行カードローン レイクのように特に専業主婦専用の限度額を設定していない場合もあります。

 

また専業主婦用の限度額を設定していても、その設定限度額よりも多く増額できる可能性もあります。
もちろん増額を受け付けていない銀行カードローンもありますので、下記の表でチェックしてください。

 

カードローン名 専業主婦に対する増額の可否
じぶん銀行カードローン 50万円まで可
イオン銀行カードローンBIG 不可
セブン銀行カードローン 不可

 

専業主婦にオススメのカードローンと選ぶポイントについてわかりやすく解説しています。

 

専業主婦にオススメのカードローン

 

増額について

カードローンでいう増額とは、カードローンで申込をすると初めに10万円や50万円というように一人ひとりに審査によって限度額が与えられます。
カードローンの場合、その与えられた限度額の範囲であれば何度でもお金を借りることができます。
この与えられた限度額を増やしてもらうことを増額といいます。

 

増額するには、最低でも半年以上のカードローン利用歴が必要とされ、優良な履歴であればあるほど増額の審査の通過率や限度額アップの可能性が高まります。

 

最近では増額の申請は、ネットからやアプリから行うことも可能となっているカードローンもちらほら見受けられます。
基本的には、カードローンのコールセンターに電話をして増額したい旨を伝えるのが一般的な増額申請の方法となっています。
利用歴が優秀だとカードローン側から「増額審査をうけてみませんか?」というようなお誘いがくることもよくあります。

 

もちろん増額申請をすれば、誰でも確実に増額できるとは限らず、再度審査が必要になります。
カードローン側も増額しても返済能力は十分にあるか?いくらまでなら限度額を引き上げられるか?などを審査する必要があるからです。

 

この増額審査は、初めにカードローン申込をした時と同じような内容で行われます。
半年以上たてば、住所や職業が変わっている場合もあるので、「名前・住所・職業・職場名・年収etc」などを再度申請する必要があります。
もちろん職場が変わっているなどは、在籍確認が必要になることもあります。
専業主婦の方の場合は、本人確認となるので運転免許証などの本人確認書類でOKな場合や、携帯電話への電話確認が行われるでしょう。

増額がもたらすメリット・デメリット

増額申請をして、増額審査に通過できれば最大利用限度額がアップして、金利も安くなるという大きなメリットがもたらされます。

 

主婦の場合、カードローンでだいたいいくら借りれるの?

 

しかし、メリットがあるようにデメリットも存在しています。
まれではありますが、万が一増額審査に落ちてしまった場合は、限度額の減額やカードローンの利用停止となる場合もあります。

 

主婦の場合、カードローンでだいたいいくら借りれるの?

 

審査に落ちてしまう理由としては、今までの返済で遅延があった、仕事が変わった、収入が下がったなどの理由が多いようです。
10年務めていて仕事は変わっていないが、出向となり勤務歴が半年と判断されたなんていう運の悪い場合もあるようです。

 

自分は増額しても審査に受かる可能性があるかどうか、しっかりと見極めてからの増額申請をおすすめします。
カードローン側から増額の案内が来るよう、きちんと返済し優良な利用履歴を積むことを普段から心がけておきましょう。