カードローンの手数料を上手に節約するには

カードローンを利用する場合、お金を引き出すためにはATMを利用する必要があります。自分が持っているカードローン会社のATMであれば、何時利用しても何度利用してもATM手数料は無料になっているため、手数料を強い払う必要はありません。

しかし提携ATMを利用する場合には注意が必要になってきます。
提携ATMとは、そのカードローン会社のカードを利用できるように提携しているATMですが、実は提携ATMには手数料が無料のものと、有料のものが存在してます。

有料の提携ATMを利用すると、ほとんどの場合1万円以下の利用で108円、1万円以上の利用で216円の手数料を支払うことになります。これはお金を引き出す時と、返済時にも手数料が必要になるため、提携ATMだからと気楽に考えて多用していると、手数料だけで数千円以上支払ったと言うことも考えられるわけです。
もし2万円の借り入れとその後にすぐ返済を行ったとすると、その時点で432円の手数料を支払うことになってしまいます。これを回避するためには、自分が利用しているカードローンが何処のATMなら無料で利用できるかをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。
手数料無料のATMを利用すれば無駄なお金を支払う必要も無いわけですから、あえて有料のATMを利用する意味がありません。
もしどうしても近くに有料のATMしかない場合には、必要になるであろう金額を一度に引き出すことで、手数料の無駄を最小限に抑えることが可能になるでしょう。
それと、これからカードローンを申し込む場合には、出来るだけ無料で利用できるATMが多いカードローンを選ぶのも、手数料の無駄を無くす解決策になります。

例えば楽天スーパーローンの場合、セブンイレブンのATM、ローソンのATM、ファミリーマートなどに設置してあるイーネットATMでの利用は手数料無料で利用できるようになっています。
ほぼ全てのコンビニで利用可能な上に手数料も必要無いわけですから、楽天スーパーローンのようなカードローンを選べば、多くの場所で手数料を支払うことなく利用が可能になると思います。